煙が気になってバーベキューが出来なかった場所でも

これホントに超便利なバーベキューグリルですよ!
普通のバーベキューコンロだと、どうしても煙が出るので家の庭やベランダでできないけど、
これならベランダやテラスでぜんぜん問題なくバーベキューができるがいいです。

しかも、テーブルの上にも置けるので、魚や貝などの海産物を焼きながらとか、
焼き鳥を焼きながら一杯やることもできるから、バーベキューだけじゃなく、
いろいろな用途にも使えそうですよ。

煙がでないからどこでもできる!容器が熱くなりすぎないから置く場所を選ばない!

庭や縁側などで

お隣りへの気遣いなどから庭での炭火バーベキューなんて…と、あきらめていませんか?ロータスグリルなら、煙を気にする必要もないので、狭い庭でもバーベキューができるのです。また、七輪でサンマなどの青魚を焼くと煙が多くて大変ですが、ロータスグリルならそんな心配も無用です。「縁側でちょっと焼き魚を」という日本ならではの楽しみ方もロータスグリルなら、より手軽に楽しむことができるのです。

ベランダで

庭がないご家庭でも気軽に炭火バーベキューができるようになりました。もちろん煙が周囲に迷惑をかけることもありません。準備も簡単で、容器が熱くなりすぎないので、いろいろな場所に直に置くことができます。夕日を見ながら、夜風にあたりながらなど、いつもの料理をちょっと外でグリルをしながら楽しむだけで特別なシーンの演出ができるでしょう。

手軽なレジャーで

これまで、着火の手間と煙の発生などの理由で、バーベキューグリルをレジャーに利用するという方はあまり多くはなかったかもしれません。でもロータスグリルがあれば、楽しいレジャーをより楽しくすることができるでしょう。海や山の遊びだけでなく、身近な場所でもすぐにバーベキューパーティーがスタートです。


内部ファンに力ですばやく、簡単な炭への着火

煙がでないからどこでもできる! 本体下のバッテリーケースに単3乾電池を4個入れます。 アウターボールにインナーボールを入れます。 チャコールコンテナーに炭(約250g)を入れ、コンテナーカバーで蓋をします。 着火プレートにジェル状着火剤を約1cm 幅に回し塗ります。 送風量コントロールスイッチを最大値に回します。 着火プレートをインナーボールの底に置きジェル状着火剤に火をつけます。 蓋をしたチャコールコンテナーを着火プレートの上に置くとすぐに炭に火がつき始めます。 網をボールの上に設置します。 ラッチで網を固定します。十分網が熱せられたらスイッチを回して適切な火力に調節します。


シンプルなアイデア ― 素晴らしい効果!

ロータスグリルの内部には電池で駆動するファンがあり、空気を炭に直接吹きつけます。そのため、すぐに炭に火がつき、より効果的に燃えます。送風量コントロールスイッチを回すことで火力の調節が可能です。容器は二重構造なので、火が燃えていても外側は熱くなりません。また、インナーボールと網は食器洗浄機にも対応しています。
日本初上陸! インターナショナルBBQアワード金賞を受賞したバーベキューグリルが初登場です。 「着火」と「煙」という、これまでのBBQにはつきものだった二つの障害を見事に解消­した炭火コンロです。着火に時間がかかったり、煙が周囲に迷惑をかけてBBQが出来な­った場所でも気軽にBBQが可能になるグリルです。庭先やベランダ、縁側など、日常生­活でも気軽にBBQを楽しめるようになりました。


一般的なグリルとの比較 無煙バーベキューグリル「ロータスグリル」




ロータスグリルのメディア掲載履歴

OCEANS 2013年5月号「今月のイチOCインデックス」のコーナーに掲載されました。


BRUTUS 2013年2月号「Brutus Best Bets」のコーナーに掲載されました。


TRENDY 2013年1月号「TRENDY's BEST 101」のコーナーに掲載されました。